HyamaShakyo-LOGO.jpg

〒240-0112
神奈川県三浦郡葉山町堀内2220 葉山町福祉文化会館内
Tel 046-875-9889 Fax 046-876-1873



交通遺児への見舞金支給

交通遺児援護基金のご案内


交通遺児援護基金とは・・・
県民の方々から寄せられました寄付金により、交通遺児への継続的な援助・激励をしていくため、昭和46年に社会福祉法人神奈川県社会福祉協議会に設置されました。 
 この基金により、交通遺児世帯への支援や、関係団体の活動を支援しています。

支援の内容と手続き

<交通遺児世帯への支援>

●交通事故などによる20歳未満の遺児とその世帯が対象となります。
  (列車・電車・船舶・航空機等、交通機関の運行上の事故を含みます)

  ※お近くの社会福祉協議会を通じて、台帳への登録を申請していただきます。
   登録・申請にあたりましては、書類の提出等をお願いすることがあります。
  ※登録後、住所変更した場合や再婚等により状況が変わった場合は、居住地(引越した際は転居前の住所)の社会福祉協議会へご連絡ください。

*次のような時期に激励金・見舞金を給付します。(金額は平成19年3月現在の金額です)
 お近くの社会福祉協議会を通じて申請していただきます。
  ○激励金: 50,000円
※小学校入学時、中学校入学時、中学校卒業時、高等学校卒業時に支給します(3月頃に支給となります)
   ○見舞金:100,000円
    ※事故当時、神奈川県内に居住しており、労働災害見舞金の給付を受けていない交通遺児世帯が対象です
  *交通遺児世帯を対象にした交流事業を実施しています。 

<関係団体への支援>

●交通遺児世帯を会員とする団体と、交通遺児などの援助、激励などを目的としている団体が対象となります。

*交通遺児世帯を会員とする団体と、交通遺児などの援助、激励を目的とする団体の活動に対し助成します。
 (審査があります:年1回)


***交通遺児援護基金への寄付をお待ちしています***
 県民の皆さまからの寄付金により、「交通遺児援護基金」の事業が実施されています。
 皆さまのご寄付をお待ちしております。

(寄付金の税金控除について)
 個人の場合には、特定寄付金として所得控除の対象となります。法人の場合には、特定公益増進法人の寄付として、法人税計算上一定の割合で損益計上できます。


 【問合せ先】
○神奈川県社会福祉協議会 県民活動推進部ともしび運動推進担当
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター内   電話045-312-1121(代表)
○神奈川県保健福祉部子ども家庭課
横浜市中区日本大通1   電話045-210-1111(代表)内線4672~3

Pagetop.png